空港・飛行機・機内食

弾丸トラベラー必見!成田空港第3ターミナルの税関検査に電子申告が導入

本日はこちらをご紹介したいと思います。

4月15日より成田空港第3ターミナルの入国時の税関審査がアプリを使った電子申告が可能になるんだそうです!

LCC専用ターミナルである成田第3ターミナルに導入されるのは弾丸トラベラーには朗報ですね!

電子申告のメリットをご紹介します。

電子申告のメリット

・機内で税関申告書をもらう必要がない
・機内でくつろげる時間が長くなる
・入国の手続き所要時間を短縮できる
・もしかしたら過去の履歴を使って入力時間を短縮できる?かも。

機内で税関申告書をもらわなくて済む!

筆者いちこは税関申告書がめんどくさくて好きではありませんでした。

税関申告書に関するいちこの不満

・いつもらえるのかは不明であり、寝ているとスキップされることも
・日本語Verが足りなくて、中国語Verを渡される
・揺れる機内で記入しなければならない
・入国時の税関審査は並ぶことが多く、時間がかかる

提出義務がありますから、きちんと記入をしていましたが…

入国に時間がかかり、予定していたバスや電車に乗れないこともありました。

自動化ゲート利用でも税関で時間がかかる

最近では、入国審査は自動化ゲートや顔認証で時間短縮が出来るようになりました。

顔認証は比較的混雑しますので、自動化ゲートを登録して利用するのがオススメです。

入国以降の手荷物受け取りはスターアライアンスに関しては上級会員になりましたので、優先的に荷物が出てきます。

その先の税関検査は税関職員に申告書を手渡ししてご確認していただくので、どうしても時間がかかってしまいます。

近年は利用客が多いので行列も長くなりがちでした。
電子申告で簡略化されるのはとてもありがたいです。

アプリ利用なので入力も簡単

税関申告書にはパスポート番号を記載します。

パスポート番号を覚えていないので、記入時にはパスポートを取り出して記載することになります。

狭い機内でのパスポート出し入れは忘れ物に繋がりやすいのではないでしょうか?

アプリであればおそらく前回記入データを呼び起こすことが出来ると思いますので、パスポートの機内出し入れはなくなります。

スマホの忘れ物には引き続き注意が必要です。

また、アプリのセキュリティは頑丈にされると思いますが、個人情報の管理には十分気をつけなければなりません。

LCC利用者は荷物が少ないから導入可能?

今回、成田空港第3から導入される理由を筆者いちこ的に推察してみます。

  • オリンピック対策
  • LCCは預け荷物に別途料金が必要であるため、利用者は預け荷物が少ない。

預け荷物が多い成田の第1・2ターミナルにすぐに適用されないかもしれません。
しばらくは様子見にしたいと思います。

また、課税申告や検疫がが必要な際は税関職員による検査が必須です。

電子申告になるからと不正な申告は厳禁ですよね。

これからは便利な電子申告を活用したいと思います!

以上、いちこでした~。

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓58回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。