医療経験

コロナ禍での卵巣のう腫腹腔鏡手術と入院体験記①入院の経緯と事前準備

先日、卵巣のう腫腹腔鏡手術をするために都内の病院へ入院し、無事に退院してきました。

コロナ禍での入院は通常とは異なる点がいくつかあり、不安を感じて緊張しました。

今回の記事では入院の契機やコロナ禍での入院について実況を含めてご紹介します。

※書いてみたら相当長くなってしまったので、シリーズ構成の記事になります。

入院の契機

私は20代の頃より子宮内膜症を抱えています。

手術歴はありませんが、入院歴があります。

治療のために低用量ピルを服用していました。

おかげさまで登山を楽しむほど元気に過ごしておりましたが、アラフォーになると高血圧の傾向が出てきました。。。

生理痛はあまり重くなくて鎮痛剤はほぼ必要なかったので、ピルの服用を止めて定期的に通院して経過観察を行うこととなりました。

コロナ禍で通院間隔を少し空けたところ、、、

6月のある朝、朝食を食べようとしたら突然、下腹部に激痛が発生しました。

立ても座れもせず、這いつくばるのがやっと…

まずは救急相談センター7119番へ電話をかけ、病状を説明したところ、、、

先方(看護師または保健師)が電話口でもだえ苦しむ私の声に驚いたようで、119番に転送してくださいました。

救急車を待つ間、20代の入院を彷彿させるこの激痛は卵巣関連由来だなとピンときました。

また、この激痛は入院になるかもしれないな、、、ともだえ苦しみながらも覚悟を決めます。

救急隊の方がやってきて検温や血中酸素濃度の測定をしてくれました。

私から病状を説明しました。

素人ながら、おそらく持病の婦人科疾患であると予想している。

婦人科のかかりつけ医は慶應義塾大学病院である。

すると、救急隊員さんは慶應の救急へ行くか、地元の救急病院へ行くか聞いてくださいました。

かかりつけ医が病状を把握しているので、可能であれば慶應へ行きたいと答えたところ、、、

慶應の救急へ電話をかけ、確認してくださいました。

OKが出たので、我が家からは少々離れた慶應義塾大学病院まで診察券持参で救急車で向かいました。

筆者いちこ
筆者いちこ
夫も痛風や結石で激痛経験があるのに、残念ながら全く役に立ちませんでした(ヲイ)

夫は付き添いとはいえ救急車に乗ったのは初めてだったそうです。
(私は2回目です)

可能な限りかかりつけ医で診てもらった方が余計な検査をせずに診断が早いです。

2021年6月の東京都ではコロナ感染者数がやや落ち着いていたため、医療崩壊という状況ではありませんでした。

もちろん通常体制ではありませんでしたけど…

救急で鎮痛剤などを点滴してもらい、CTスキャンを取ってもらいました。

たまたま、いつもお世話になっている医師の外来日だったので救急だけではなく外来でも診察して頂きました。

めちゃくちゃラッキーでした!

診察の結果、、、

左卵巣が9cmまで腫れている。
(通常は2,3cm)

卵管がねじれたわけではなさそうだけど、癒着部分が一部切れるなど何らかの異変がお腹の中であって腹痛を起こしたのだろう。

入院して腹腔鏡手術が望ましい。

とのことでした。

医師からの話に私はショックは受けず、「そーですかーー」という淡々とした感想を持ちました。

20代で手術せずに済んだけど、アラフォーになってとうとう手術しなければいけなくなったか…という感じで、、、

卵巣のう腫は良性疾患であり、女性のうち生涯で発生する割合は5~7%程度だそうです。

決して珍しい疾患ではなく、私の周囲にも手術経験者が何人かいらっしゃいます。

医師からは最速で7月上旬の手術スケジュールを提示されましたが、、、

7月8月にはキョンヒ大学の語学堂での韓国語オンライン留学の予定がありました。

【韓国語オンライン留学】慶煕(キョンヒ)大学語学堂特別課程での受講体験談韓国語オンライン留学が大好きないちこです! 今回の記事では2021年夏学期に韓国の慶煕(キョンヒ)大学の語学堂にオンライン留学をし...

医師の了解を得て、手術入院は9月で調整することにしました。

手術はなる早が望ましく、次に激痛が発生したら即入院と念を押されました。

手術入院まではほとんど外出せずに安静を保って大人しく過ごしました。

コロナ禍の入院とは

今はコロナ禍なので、入院に際していくつかの決まりごとがありました。

入院前にPCR検査を受けて陰性を確認すること
面会は不可、差し入れは午後3時~午後5時に窓口で受付

病院では新型コロナウィルスの感染対策が厳重になっていますのでPCR検査は必須です。

私の入院先では差し入れの受付は午後3時~午後5時にきちんと袋に入れて封をしたものを持参という条件でした。

ワクチン接種は手術前後2週間を空けるようにも言われてました。

(私は7月末でワクチン接種が完了していました。)

東京では7月下旬から感染第5波となり、医療崩壊のニュースを多数見聞きしました。

入院を延期した方がいらっしゃったかもしれません。

私の手術・入院についても病院から延期の連絡が来るかもしれないと覚悟していましたが、予定通り行われることになりました。

私の場合は卵巣の腫れが大きい上に救急搬送されていますので緊急性が高いと判断されたように思います。

コロナ禍にも関わらず手術・入院を受けれてくれた医療関係者の皆様に感謝し、お礼を申し上げます。
(感染者の方々の一刻も早い快復を心からお祈りしております…!)

入院前の準備

私が行った入院前の準備を実施順にご紹介します。

健保組合へ限度額適用認定証発行依頼(夫経由)
ヘアカット
入院グッズの買い物
おへその掃除
冷蔵庫の整理など家の片づけ
同意書へのサイン

手術・入院費用は高額になりますよね。

一定金額以上の医療費を支払った場合、後日(3か月後くらい?)の給与支払い時に差額を返還してくれますが、一時的に立替負担をしなければなりません

金銭的な負担を避けるために限度額適用認定証を入院時に持参すると病院で立替負担をしない金額を計算して、請求してくれます。

限度額適用認定証の発行は健保組合で行ってくれますので、予め入院が決まっている場合は発行してもらうことをおすすめします!

入院前の私の髪は肩甲骨あたりまでの長さでした。

入院すると数日シャワーができないらしいし、髪を洗ったりドライヤーをかけるのが大変かもしれないと考えました。

そこでボブぐらいまで約12センチくらいカットしました。

長い方が結べて楽という意見もありますが、私は髪を切っておいて良かったです。

入院前の注意事項で言われたのが綿棒とオリーブオイルでのおへその掃除です。

おへそを使って腹腔鏡手術をするから、事前に掃除しておいてね、ということでした。

入院早々にナースにチェックされてちょっと恥ずかしかったです。

私は夫と二人暮らしでして、家事は多くはないのですが。

平日は忙しい夫のために冷蔵庫を整理して作り置きおかずを作り、掃除洗濯も済ませておきました。

注)夫は家事全般をこなせます。
(上手ではないけど)

最近の病院は事前説明をしっかり行ってくれるので、同意書も沢山あります。

入院時にサインするのではなく、事前に内容を確認してサインしておくことをおすすめします。

コロナ禍入院の持ち物準備

コロナ禍の入院では差し入れに制限がある上に院内での買い物にも制限があります。

必要なものはで購入できますが、、、

感染防止策のため、手術前や直後には自分で院内の売店やコンビニへ行くことができません。

また、コンビニで購入すると割高ですよね。

面倒にならないためにも自分の好みのものを可能な限り事前に準備しなければなりません。

持ち物ページ(第3弾)は現在執筆中です。

完成次第、本記事にリンクを貼ります~。


いかがでしたか?
コロナ禍の入院はいくつかの事前の準備が必要ですが、静かに過ごせるメリットもあります。

次の記事では入院の実況をご紹介する予定です!

本日もお読みくださいましてありがとうございました。
以上、いちこでした~。

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、マレーシア ペナンでの2年弱の駐在妻生活を経て帰国。 コロナ禍にオンラインで韓国語学堂正規課程を卒業。 訪韓59回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。