読書・映画・テレビ鑑賞

【NetflixランキングNo.1獲得】「愛の不時着」最終回を見終わった感想

Netflixの日本におけるランキングで1位を獲得した韓国ドラマ「愛の不時着」
(英:Crash Landing on You 韓: 사랑의 불시착)

余談ですが、マレーシアでもランキング1位を獲得しました!

Webニュースで”「愛の不時着」はなぜ人気が出たのか?”という記事が多く見受けられました。

今回は韓国旅行リピーターの筆者いちこが感じたヒットの秘訣や作品にまつわる小ネタをご紹介します!
※ネタバレを含みますので、ご注意ください。

「愛の不時着」とは?

「愛の不時着」とはどんなドラマなのでしょうか?

ある日、韓国の財閥令嬢で実業家でもあるユン・セリ(ソン・イェジン)は、パラグライダーで飛行していたが、突然の竜巻に巻き込まれてしまう。

その後、森の木に衝突したものの、辿り着いた先は北朝鮮だった。そこで軍人のリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)と出会い、ジョンヒョクはセリに寝床を与えて韓国に脱出させる計画を企てるが、時間が経つにつれて、敵対国家の国民同士にもかかわらず、愛するようになる。

しかし、韓国ではセリの家族がセリが失踪してしまったのではないかと思い込み、また財産が狙われしまうのではないかと戸惑っていた。また、ジョンヒョクには、デパート社長令嬢のソ・ダン(ソ・ジヘ)という婚約者がいた。

韓国のケーブルテレビドラマ史上、夫婦の世界とSKYキャッスルに次いで、歴代3位に視聴率が高いドラマとなった、。
またtvN史上、歴代1位の視聴率が高いドラマである。

韓国を代表する人気俳優であるヒョンビンとソン・イェジンがタッグを組み、モンゴルやスイスなどで大規模ロケを敢行した話題作の本作。

日本では新型コロナウィルスの影響での外出自粛や新作TVドラマの相次ぐ休止で配信に注目が集まりました。

そんな時にネットフリックスのランキングで第1位を獲得した本作は口コミで人気が広がりました。

筆者いちこも4月上旬にハマりまして、一日中「愛の不時着」を見ていた時がありました!

「愛の不時着」はネットフリックスで絶賛配信中です!

筆者いちこの分析

「愛の不時着」はどんな点がヒットしたのでしょうか?

筆者いちこの分析をご紹介します。

王道の韓流ドラマの設定を北朝鮮に持ち込んだ

韓流ドラマと言えば、よくある設定がこちら。

家柄や家族をめぐる争い
富豪または貧困ゆえの苦労
かなわない恋
三角関係(それ以上も)
大映ドラマ風のドロドロさ

(最近はドロドロな韓流ドラマは減ってきましたね)

「愛の不時着」には「家族をめぐる争い」、「障害があるけど燃える恋」、「複雑な恋愛関係」が根底にあります。

そんな王道の設定がしっかりと入っていて、視聴者の多くは安心してみることができたのではないでしょうか?

筆者いちこ
筆者いちこ
ユン・セリとリ・ジョンヒョクの関係は最終回までハラハラドキドキが止まりません!

ヒョンビンの演技はいつも通りで安心

切れ長の目と高身長をもつヒョンビンはクールな演技が得意です。

「私の名前はキム・サムスン」は若かりし頃のヒョンビンのクールな演技を見ることができます。

ヒョンビンがクールじゃない演技ができないわけではありません。

むしろ、クールな演技がとても似合うのです!

ヒョンビンらしい王道の演技が女性視聴者のウケが良かったのだろうと思います。
(私はヒョンビンが好きですし、けなしているわけでもないです!)

他にもソン・イェジンが演じるユン・セリの衣装が可愛いとか脇役の演技が良かった、北朝鮮のリアルな日常風景などの良かった点が沢山ある作品でした!

筆者いちこの小ネタ情報

「愛の不時着」について、韓国旅行リピーター筆者いちこが見つけた小ネタをご紹介します。

ソウルから北朝鮮は近い

※写真はイメージです。

北朝鮮にある開城(ケソン)市はDMZから近くソウル近郊の京畿道に属する街です。

ソウルと開城は約40キロしか離れていません。

ソウル北部にある北漢山の山頂からは開城方面のイムジン河や近郊の街並み(開城と思われます)を見ることができます。

逆に開城方面から北漢山を見ることができるのです。

だからなのか…北漢山の頂上には太極旗が備え付けらています。

 

北朝鮮のビールは美味しい

北朝鮮には大同江(テドンガン)ビールがあります。

こちらはヨーロッパ風のとっても美味しいビールなのです!

ソウルの人気店「肉典食堂」で大同江ビールを飲むことができます。

韓国約60回リピーターがおすすめするソウル・肉典食堂で必食の厳選メニュー2019年6月の退職記念韓国旅行記です。 最終日に肉典食堂へ行ってきたのをご紹介したいと思います! 本当に美味しかった♡満足!...

「愛の不時着」ではピョンヤンでのチメク(フライドチキン&ビール)やタラビー(干しだら&ビール)を楽しむシーンが出てきますよ!

北朝鮮料理は美味しい

北朝鮮の料理は薄味で日本人の口に合いやすいと言われています。

冷麺の本場は北朝鮮です。
ピョンヤン冷麺はとても美味しいのだそうです。

北朝鮮の避難民が多く暮らす韓国・江原道の束草のお料理は本当に美味しかったです。

姉妹ブログ「いちこ見聞録」
束草特集>>

「愛の不時着」でも手打ちカルグクス、ガソリンでの貝焼き、ゆでトウモロコシやゆで卵など美味しそうな食事シーンが満載です!

百想芸術大賞は受賞できる?

6月5日には韓国のゴールデングローブ賞と呼ばれる百想芸術大賞授賞式が開催されます。

百想芸術大賞を簡単にご紹介します。

百想芸術大賞(ペクサンげいじゅつたいしょうハングル: 백상예술대상)は、大韓民国の総合芸術賞。日刊スポーツ(韓国)が主催する。
韓国のゴールデングローブ賞と呼ばれることもある。1965年、韓国日報により映画および演劇を対象とする韓国演劇映画芸術大賞(한국 연극 영화 예술상)として創設された。「第56回百想芸術大賞」は6月5日午後5時よりキョンギド(京畿道)・イルサン(一山) KINTEX7ホールから生放送で進行される。
Wikipediaより引用

百想芸術大賞での受賞は撮影関係者や俳優にとってとても名誉なことなのです!

「愛の不時着」でヒョンビンは主演男優賞ノミネート

「愛の不時着」のヒョンビンは主演男優賞候補にノミネートされています。

百想芸術大賞の主演男優賞にノミネートされている方はこちら!

主演男優賞ノミネート

ナムグン・ミン(SBS「ストーブリーグ」)
チュ・ジフン(SBS「ハイエナ」)
ヒョンビン(tvN「愛の不時着」)
パク・ソジュン(JTBC「梨泰院クラス」)
カン・ハヌル(KBS「椿の花咲く頃」)

2020年の第56回百想芸術大賞主演男優賞は大ヒットを記録したドラマ「愛の不時着」で将校リ・ジョンヒョクを演じたヒョンビン、「梨泰院クラス」でパク・セロイを演じたパク・ソジュンの”大接戦”が予想されている。
WowKorea 記事より引用)
筆者いちこ
筆者いちこ
「ストーブリーグ」以外を視聴した筆者いちこはヒョンビンが最有力候補だと思ってます!

パク・ソジュンのセロイ役は本当に素晴らしかったのですが、先輩ヒョンビンに花を持たせそうな気がするんですよね…。

筆者いちこがドラマのキャラとして一番好きだったのは「椿の花咲く頃」のカン・ハヌルです。
(「椿の花咲く頃に」は名作です!)

「愛の不時着」は大量ノミネート

大人気ドラマの「愛の不時着」は第56回百想芸術大賞各部門に大量にノミネートしています!

「愛の不時着」ノミネート一覧

jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]ソン・イェジン…主演女優賞
ヤン・ギョンウォン…助演男優賞
キム・ソニョン…助演女優賞
ソ・ジヘ…助演女優賞
イ・ジョンヒョ…監督賞
パク・ジウン…脚本賞
ドラマ作品賞

ピョ・チス(曹長)役のヤン・ギョンウォンさんが助演男優賞候補にノミネートされていますね!
個性的なキャラクターを上手に演じていたもんなぁ…

「愛の不時着」で北朝鮮の奥様達のお一人である人民班長役を演じたキム・ソニョンさんは「椿の花咲く頃に」でも個性的な近所のアジュンマを演じています。
「応答せよ1988」などにも出演され、韓国ホームドラマ好きの筆者いちこにはおなじみの女優さんです。

筆者いちこ
筆者いちこ
助演女優賞はキム・ソニョンさんが有力候補なのではないかと考えています。
ソ・ダヘさんも最近人気がありますし、彼女の可能性も高いです!

監督賞、脚本賞、作品賞は「梨泰院クラス」と接戦になるのではないか?と予想しています。

「愛の不時着」の受賞結果
キム・ソニョン…助演女優賞
ヒョンビン&ソン・イェジン…TikTok人気賞
ソ・ジヘ…BAZAAR Icon賞

キム・ソニョンさん以外の予想は外れでしたね…。

筆者いちこの主観的な感想では「愛の不時着」よりも「梨泰院クラス」の方が面白く、トレンドを上手につかんだ内容でした。

「愛の不時着」は日本をはじめ海外で話題になったところが評価されるのではないかと思います。

筆者いちこ
筆者いちこ
いずれにせよ、「愛の不時着」が無冠に終わることはない!と予想します!

6月5日の授賞式を楽しみにしたいと思います!


いかがでしたか?

大人気韓国ドラマ「愛の不時着」についていちこ的な視点でご紹介してみました。
まだ観ていない方は面白いドラマですので、ぜひご覧ください!

本日もお読みくださいましてありがとうございました。
以上、いちこでした~。

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓59回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。