読書・映画・テレビ鑑賞

スター共演の韓国ドラマ「ストーブリーグ」は面白い?ネタバレ解説

2024年1月放送開始のTBSドラマ「Eye Love You」。ヒロインの相手役にはチェ・ジョンヒョプ(ヒョプ)が抜擢され、好演しています。

ヒョプはどこかで見たことある…と思ったら、
私が大好きな韓国ドラマ「ストーブリーグ」でした!

「ストーブリーグ」の出演者はドラマ放送後にスターになった人たちばかりです。

「ストーブリーグ」の魅力を韓国留学&渡航歴60回以上の筆者いちこが解説します!

※この記事はプロモーションを含みます
※「ストーブリーグ」のネタバレを含みます

ストーブリーグとは?

韓国ドラマ「ストーブリーグ」はどのようなドラマなのでしょうか?
まずは概要をご紹介します。

ドラマの概要

邦題:ストーブリーグ
原題:스토브리그
英題:STOVE LEAGUE

話数:全16話 + スペシャル番組2話
ジャンル:ビジネス、スポーツ、ヒューマン

放送日:2019年12月13日〜2020年2月14日
放送局:SBS

制作会社:길픽쳐스(キルピクチャーズ)

演出:チョン・ドンユン
脚本:イ・シンファ

※出演者については追ってご紹介します。

韓国ドラマ「ストーブリーグ」はラブ要素ほぼゼロのプロ野球経営に関するドラマです。

一言で言うと、野球未経験で異色の経歴を持つGMが万年最下位のプロ野球チームの改革に乗り出す物語です。

あらすじ

「ストーブリーグ」のあらすじをご紹介します。

あらすじ
  • 万年最下位球団ではベテラン選手やコーチ、スカウト陣はやりたい放題で監督の言うこと全く聞かず、混沌としています。
  • そんなチームと経営の再建を任された新しいGM(主人公:ナムグン・ミン)はプロ野球業界は未経験です。
  • GMの徹底的な合理化案は選手や監督コーチだけではなく、球団スタッフたちの反発を招き、チームの雰囲気はますます最悪な状況になってしまい…

ドラマの冒頭ではこのチームはいったいどうなっちゃうの…?とハラハラドキドキさせられます。

GM達の手に汗握る交渉や戦略は見ごたえ十分で、球団が一丸となって困難を打破した時の爽快感は100%!

「半沢直樹」シリーズのように実際の球団経営の内部を覗いたようなリアルさが味わえるのも魅力的で、韓国ドラマでは珍しく男性ファンも多いドラマです。

キャストそれぞれが仕事以外に抱える悩みや家族問題の描写にも共感できる点が多く、彼らの頑張りに勇気づけられます。

筆者いちこ
筆者いちこ
恋愛ドラマになかなかハマれない我が夫婦も楽しく視聴しました

韓国での評価がめちゃくちゃ高かった!

「ストーブリーグ」が韓国で放送された当初はそれほど高くなかった視聴率が回を追うごとに視聴率が上がっていきました!

あらすじ
  • 毎回予想を覆す展開と出演者たちの光る名演技で、第1話で5.5%ほどだった視聴率は見る見るうちに上昇しました。
  • ついに最終話では19.1%を記録! 最近は一桁を記録することも少なくない韓国の地上波ドラマで異例の快挙を成し遂げました!

こちらは、面白さの度合いがよくわかるエピソードですね。

その結果、韓国のアカデミー賞と呼ばれる「第56回百想芸術大賞」ではテレビ部門ドラマ作品賞「ソウルドラマアワーズ2020」では韓流ドラマ優秀作品賞を受賞しました!

2019年~2020年に放送されたライバルには日本でも話題になった「愛の不時着」「梨泰院クラス」がいました。

【NetflixランキングNo.1獲得】「愛の不時着」最終回を見終わった感想Netflixの日本におけるランキングで1位を獲得した韓国ドラマ「愛の不時着」 (英:Crash Landing on You 韓: ...

コロナ禍の外出自粛生活時代に私も「愛の不時着」にハマりました~。

強力なライバルを抑えて作品賞を受賞するなんて「ストーブリーグ」はすごすぎますね。

豪華出演者の出演後の活躍

「ストーブリーグ」にはもともと実力があった俳優達が出演していました。
人物相関図は↓の公式サイト「相関図」をチェックしてみて下さい。

日本のドラマ公式サイト

筆者いちこ
筆者いちこ
多くの出演者がこの作品の後に活躍をしています。
韓国ドラマの中でもそのようなドラマは多くはないので改めて素晴らしいドラマであると実感します!

出演者の皆さんのプロフィールと最近の出演作をご紹介します。

ナムグン・ミン

  • 新GMペク・スンス役
  •  1978年3月12日 生まれ
  •  ソウル出身
  •  最近の出演作「わずか1000ウォンの弁護士」「恋人」など

日本でも話題を集めた「匂いを見る少女」、「ホジュン~伝説の心医」などに出演し、実力に定評があるナムグン・ミン。
「ストーブリーグ」では沈着冷静なビジネスマンでプライベートは謎に包まれていましたが、両親や弟、別れた元妻にいつも気にかけている優しさも兼ね備えています。

筆者いちこ
筆者いちこ
ナムグンさんって珍しい苗字だなぁと思いつつ、好きな俳優さんの一人です。

パク・ウンビン

  • 運営チーム長イ・セヨン役
  •  1992年9月4日 生まれ
  •  ソウル出身
  •  最近の出演作「恋慕」「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」「無人島のディーバ」など

 

子役出身のパク・ウンビンは実力派でしたが、「ストーブリーグ」以降に立て続けに主演作をヒットさせ、第59回百想芸術大賞を個人で受賞しました。
女優さん個人での受賞はキム・ヘジャさん(2019年)に続く快挙だそうです。

万年最下位球団「ドリームズ」で数少ないまともな人であるセヨン。
ドラマは彼女目線で進行していきます。
球団の運営チーム長というちょっと難しい役をしっかりと演じ上げたパク・ウンビンは素晴らしい女優さんですね。

筆者いちこ
筆者いちこ
「恋慕」と「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」は私も大好きなドラマです!

オ・ジョンセ

  • 親会社の常務クォン・ギョンミン役
  •  1977年2月26日 生まれ
  • 慶尚南道 宜寧郡出身
  •  最近の出演作「椿の花咲く頃」「サイコだけど大丈夫」など

オ・ジョンセさんは苦労人の役者さんで「ミセン」(2014)では最終回にチョイ役で出ていたほどです。
それが、「ストーブリーグ」では主要キャストを務め、「椿の花咲く頃」と「サイコだけど大丈夫」で2年連続で百想芸術大賞テレビ部門助演男優賞(第56回、第57回)を受賞しています。

【百想芸術大賞受賞 椿の花咲く頃】本当に面白いの?全話視聴後の感想2020年6月5日に開催された第54回百想芸術大賞の授賞式。 今年は話題作が目白押しで、事前の予想が例年より熱かったです。 ...

クォン常務はスンスを抜擢した人で最初は理解のある人物でしたが、次第に本性を現すようになって悪役になりました。
なかなか難しい役だったと思いますが、流石オ・ジョンセさん。見事な演技でした。

チェ・ジョンヒョプ

  • 若手投手ユ・ミンホ役
  •  1993年5月19日 生まれ
  •  ソウル出身
  •  最近の出演作「無人島のディーバ」「Eye Love You」など

ユ・ミンホはイップスでなかなか実力を発揮できずに苦悩する期待の若手投手役を演じています。
球団売却や大物選手のトレードや解雇などドロドロとしたドラマの中でさわやかなミンホは癒しの存在です。
印象的な役ではあるのですが、主要人物ではありません。

チェ・ジョンヒョプさんは2024年1月放送のTBSドラマ「Eye Love You」のヒロイン相手役に抜擢され、一躍注目を浴びるようになりました。

「Eye Love You」はU-NEXTで配信中です。

U-NEXTで観てみる

ラヴィット出演時の彼の通訳さんがめちゃくちゃ話題になりました。

「Eye Love You」を含め、これからの活躍を含めて楽しみですね!

その他

「ストーブリーグ」には個性的な俳優さんがが多く出演されています。
何名かピックアップしてご紹介します!

イ・ジュニョク

「ストーブリーグ」では不正を働いて解雇される悪役を演じるイ・ジュニョクですが、「恋慕」ではパク・ウンビンの相手役上司としてコミカルな演技を披露しています。

パク・ウンビンとは「ストーブリーグ」でも共演しているので息もピッタリな様子です。

イ・デヨン

イ・デヨンはライバルチーム「バイキングス」のGM役を務め、スンスのライバル役でもありました。
他球団なので激しい争いがありそうですが、協力関係にあったりして面白かったです。

イ・デヨンは昔から活躍し、多くの作品に出演しています。
私には「復活」(2005)の主人公父の元同僚&主人公の上司の印象が強いです。

「ストーブリーグ」はどこで観れる?

2024年1月現在、「ストーブリーグ」はNetflixで配信中です。

Netflixで観てみる

DVD-BOXで一気見しちゃうのも良いですね。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

いかがでしたか?
「Eye Love You」でチェ・ジョンヒョプさんに注目された方は「ストーブリーグ」も見てみて下さい。
めちゃくちゃ面白いですよ!

本日もお読みくださいましてありがとうございました。

↓応援のポチッとをお願いします↓
にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、マレーシア ペナンでの2年弱の駐在妻生活とソウル交換留学の経験有。 TOPIK6級・TOEIC825点 訪韓60回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。