台湾

中国語できなくても何とかなる!台湾最高峰玉山の現地ツアーに女一人で申し込んだ記録

こちらの記事は「いちこ見聞録。」に掲載した記事を加筆修正したものになります。
私いちこは2017年GWに女一人で台湾最高峰の玉山登山現地ツアーに申込をし、登頂してきました!

いちこがどのように玉山登山ツアーに申し込んだのか、検討過程を含めてご紹介します!

台湾の山小屋は宿泊定員があり、事前申込制。定員以上の申込があると抽選。

2011年GWは抽選で落選。2017年にリベンジすることにした!

2011年は落選、2017年はラストチャンス

2011年GW期、玉山の山小屋である排雲山荘は改装工事中でした。
玉山同じく高山である雪山のツアーに申し込み、現地の方と同条件で抽選に参加したのですが…
雪山の申込へ玉山へ行けなかった人も申込をし、まれにみる高倍率であえなく落選。
航空券はすでに購入してしまったので、普通に台湾旅行を楽しみました。

確証がないのですが、2012年以降に玉山登山申込に外国人優先枠ができたようです。
また、国立公園のサイトが整備され、個人でも日本語で申し込みができるようになりました。

2016年後半は結婚前提で今の夫と付き合っていたので、おそらく17年には結婚すると予測。
結婚したら、玉山登山に行くことは難しくなると考えました。
(2019年現在の結婚後、玉山登山に行ける環境ではないです)
2017年を玉山登山申込のラストチャンスとし、入念に調べ始めました。

一人参加になったのは申請のやり取りをしている間に外国人優先枠があと1人となってしまったからです。
(行く気になっていた友人、本当にごめんなさい…)

玉山とは?

さて、玉山とはどんな山なのでしょうか?

標高3952mの台湾最高峰です。
日本最高峰である富士山は3776mなので、台湾は日本よりも高い最高峰を持っています。
富士山より高いという理由で日本統治時代は新高山と呼ばれていました。
真珠湾攻撃の暗号「ニイタカヤマノボレ」は新高山(玉山)から作成されたと言われています。

玉山国立公園のHP⇒

玉山登山の最も一般的なルートは塔塔加~排雲山荘~山頂のピストンです。
いちこはレベルや登山道の雰囲気は八ヶ岳の赤岳に似ているように思います。
途中までは緩やかな登山道で山頂直下だけ岩場があります。
鎖は数か所あるけど使わなくても登れるというレベルです。

日本で収集できる玉山登山情報が少ない

玉山登山は日本人中高年にとても人気があります。
(そもそも日本の登山市場を支えているのは山ガールではなくて中高年ハイカー…)
「富士山より高い山」「親日台湾にある最高峰」にロマンを感じるんだと思います。

基本的には日本発着のパッケージツアーに参加するのが一般的なようです。日本発着の玉山登山ツアーは下記でご紹介します。
日本発着玉山登山パッケージツアー参加が前提なので、個人がどのように玉山へアクセスし、登山をしたかという記録(ブログ)が大変少ないです。

また、誤った情報を掲載しているサイトも多いのが現状です。
複数のサイトを比較してどちらが正しいのか悩むこともたくさんありました。

玉山登山は事前申込、ほぼ抽選

まず、玉山は1日辺りの入山者数116名と決められています。

入山者数=排雲山荘の宿泊定員数でして、希望者は玉山国立公園に1か月前までに申請します。

玉山登山は地元の台湾人にも大人気なのでほぼ抽選です。
2019年3月1日登山開始の抽選状況を見たら…申し込みはなんと616人!約6倍!

日~木は外国人優先枠が24名分あり、4か月前から先着順で受付となります。
※一部ホームページに25名とありましたが、正しくは24名です。

 

外国人優先枠に滑り込めないと地元の皆さんと同様に抽選に参加となります。
ハイシーズンは抽選倍率が10倍程度になることもあるようです。

例えば、2017年4月30日(翌日がメーデーで祝日)は11倍、いちこ参加の5月1日は6倍でした。

申込状況、抽選結果は公式サイトで確認できます。

玉山登山の参加方法

玉山登山の方法は主に3つの方法があります。

①日本発着のツアーに参加
メリット:言葉の心配がない。
     バスツアーとなるため、荷物の運搬が楽。
     登山荷物を荷揚げしてくれるポーターがつくツアーもあるようです。
デメリット:費用が高額(4泊5日で20万円~30万円)
      玉山登山と台北観光がついている程度。
      一人参加がしづらい。(一人料金が別途設定。最低催行人数有)
      申し込みが半年前締切と相当早い

 

②現地発着のツアーに参加
※日本語が通じる現地代理店もあります。
メリット:圧倒的に費用が安い。(1泊2日で2万円程度)
     ガイドに経験が豊富なため心配が少ない
デメリット:現地の参加者がいないと高額になる。
      (1人参加の場合8万円程度と言われました)
      言葉の壁があり、中国語か英語がある程度できないと厳しい。
      荷物の運搬を自分で行う必要有。

 

③個人で登山をする
パスポートのコピーや台湾国内の緊急連絡先等を事前に申請しなければなりません。
玉山国立公園のサイトには日本語で詳しく説明が掲載されています。登山口へのアクセスは阿里山~塔塔加のバスを使えば可能です。
※塔塔加から玉山登山口までは自力で歩くことになります。
なかなか距離があり、結構大変そう。
登山道は整備されており、個人での登山はできなくはないと思います。

但し、原則として外国人が登山する場合は本国人の同伴が必要なようです。
万が一の遭難や体調不良などのリスクを考えるとツアー参加が原則となりますね。

いちこのおすすめ
  • 安心安全で高額費用でもOKなら日本発着ツアー
  • 費用重視、中国語か英語OKなら現地発着ツアー
  • 遭難リスクや申込手間を考慮すると個人登山は勧められない

 いちこは②現地ツアーに参加を選択しました。

②をもう少し詳しく解説すると…
・台北出発のツアー
 前泊を阿里山でするため、高度順応が可能。
 メールのやり取りは英語で可能
 お値段が少し高め
台北へは日本からアクセスしやすい。
・嘉義出発のツアー
 断然安い。前泊しても約2万円強。
 参加人数が多く、経験が豊富。
 ストックやヘッドライト、大型ザックのレンタルが可能。
(これらを日本から持参するととても嵩張ります)
 嘉義まで台北または高雄から自力で行かなければならない。
 メールのやり取りは中国語のみ可能。
いちこの選択

女一人で嘉義発着の玉山登山ツアーに参加

いちこの旅行費用は航空券、玉山登山ツアー参加費、他地域の宿泊・飲食など観光費用含めて10万以内でした。
日本発着のツアーの半額以下で玉山登山以外の台湾観光も満喫することができました。
結果、内容も値段もとても満足が行く内容で参加してよかったと思います。

玉山登山社は海外送金をしなくてOK

現地の皆さんは事前に銀行振込をするようですが、いちこは外国人のため、特別ルールでした。
デポジットとしてクレジットカード番号を事前に連絡し、当日現金払いでした。
海外送金は煩雑ですので、当日払いの対応は大変助かりました。

 

玉山登山社はLINEで事前にグループを作ってくれる

申込が確定するとLINEのIDを教えてくれ、こちらのIDを送ると、参加者のグループが作られます。
ここに、注意事項や登山中の写真を送ってくれるんです。
日本のツアーでここまでやってくれるところは2017年当時は出会ったことがありませんでした。

 

台北出発のツアーは若干信用できなかった

某日系代理店は外国人優先枠の空きも調べずに「玉山登山は人気があり、申し込みは無理です」と連絡してきました。
いちこ、玉山国立公園のHPで空き枠を確認した上で問い合わせをしていたのですが…

一人参加の対応が面倒だったのかもしれませんが、対応に大変不信感を持ちました。

この某社は登山枠を確実に抑えられる5月中旬の日程に玉山登山ツアーを企画・募集をしていました。
一般的な会社員はGW明けに休暇を取るのは難しいですよね…
余談。
この某社玉山登山ツアーのセールスポイントは5月中旬の玉山はシャクナゲが満開というものでした。
近年は温暖化が進行しているからか、シャクナゲはGWで既に満開ちょっと手前な感じでとても綺麗でした。
5月中旬のシャクナゲはたぶんピークを過ぎていたと思います。

他の現地系台北の登山社は英語でやり取りをしていました。
いちこの英語での質問攻撃が面倒だったのか、返信が途中でフェードアウトしてしまいました…

 

いちこは玉山登山社を選択

一番誠実に対応してくれた!

英語ではなく、中国語でしかやり取りができなかった玉山登山社が一番誠実に対応してくれました。
ちこは何度も質問しまして、同じ内容を質問してしまったこともあったと思います。
ネット翻訳の怪しいいちこの中国語の文章が分かりづらかったこともあったと思います。

ですが、毎回きちんと誠実に回答をしてくれました。
個人で玉山登山現地ツアーに申し込むのなら、玉山登山社をおすすめします。

 

ちなみに、いちこの質問内容は…
日本人女性一人参加でもOKか?(日本国内で3000メートル級の登山経験あり)
支払方法って振込?カード?現金?(何度も聞いてすみません)
当日持参する食糧について(お昼の行動食を持ってこい、とのこと)
装備について(酸素スプレーを当日に連絡、購入させてもらいました)

 

実際の抽選結果は1か月前になっても台湾の祝日の関係で3日ほど連絡が来ませんでした。
4月4日にめでたく当選結果連絡を頂き、正式な申し込み手続きをしました。

玉山登山社への申込は2回必要

1回目は玉山国立公園への申請、2回目は当選後の玉山登山社への申請です。
玉山国立公園への申請時にはパスポートのコピーも必要となります。
書類は漢字記入なので中国語ができないいちこも問題ありませんでした。

読者から頂いた質問

過去記事にブログ読者の方からご質問を頂いておりましたので、回答を一般化して掲載します。

  • 外国人枠って先着順ではないの?

先着順です。
ですが、現地の台湾人の抽選結果が出ると外国人も同時に登山OKの連絡が来ます。
登山社からのメール件名が「抽選結果」となっていました。

  • 旅行社の登山ツアーは毎日出発しているの?

現地の登山ツアーは土日をメインに開催されていますが、平日開催もあります。
但し、定員に満たない場合は参加料金が高額になるリスクがあります。
いちこの参加時は平日でしたが、祝日の翌日だったこともあり、満員でした。
台湾でも最近は登山ブームですので、平日でも定員に満たないケースは少ないのでは?と思います。

  • いちこの中国レベルは?

一般的な日本人レベルである漢字が読める程度で、中国語は全くできません。
メール文書はエキサイト翻訳の繁体字を利用していました。
会話になるとかなりさっぱりだったのですが、なんとなく言いたいことも分かりました。
ツアーの参加者のほとんどが英語ができたので、英語で会話していました。

2017年GW以降に台湾国立公園サイトはリニューアルし、大変わかりやすくなりました。
約4000mの玉山は大変すばらしい山でした!
(登山記録もいずれご紹介します)
是非、玉山登山をしてみてください!

以上、いちこでした~。

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓58回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。