韓国語学習

【韓国語学堂へ社会人留学】梨花女子大学校オンライン留学体験記

新型コロナウィルスの影響は世界中に拡大し、まだまだ不自由な生活が続いています。
(2020年7月現在)

特に海外との往来が難しくなってしまいました。

留学はコロナの影響で困難になってしまった代表的なことなのではないでしょうか?

筆者いちこ
筆者いちこ
コロナ禍によって韓国の大学付属の語学堂にオンライン留学をするなりました。

今回の記事では、オンライン留学の申し込みから受講の準備までを体験記としてご紹介します。
(不定期で連載予定です!)

存在はTwitterで知った

ある日、日頃からフォローさせていただいている稲川右樹先生(ゆうき先生)のツイートを拝見しました。

韓国ソウルにある梨花女子大学の語学教育院が韓国に入国できない外国人向けに夏学期にオンラインコースを開講することになったそうなのです!

梨花女子大学は伝統があり、韓国を代表する大学の一つです。

言語教育院はいわゆる語学堂であり、外国人留学生が韓国語を学ぶ大学付属の語学学校です。

コロナの影響で韓国に入国できない留学希望者は多数いると思われます。
(韓国に入国できた留学生も現在はオンラインで授業を受けているそうです。)

「いちこLOG」では、オンライン留学とは現地に行かずに自宅のインターネット経由で海外の講座を受講することを指しています。

オンライン留学とは、、、
韓国語を勉強中かつ無職の筆者いちこ向けの講座!

コロナで留学に行けないわけじゃないけど、、、
オンライン留学はまたとないチャンス!

筆者いちこ
筆者いちこ
この機会にぜひ韓国語オンライン留学をしてみたい!と思いました。

画像から読み取れる情報は↓です。

梨大語学教育院のオンライン留学

対象者は韓国に入国できない韓国語学習者
夏学期は6/19(金)~8/27(木)
@4時間×5日×10週=200時間
登録締め切りは6/9(火)
登録金は178万ウォン(6/27現在15.9万円)
修了すると正規の現地留学と同様の修了証をもらえる(※

※ゆうき先生の追加ツイートに記載あり。

興味あり!と思ったら、行動に移すのが素早いのが筆者いちこの特長です(笑)

不明点が多かったので、梨花女子大学へ問い合わせをしてみました。

①応募に必要な書類
②登録金の支払方法
③受講にあたり必要なオンライン環境
④教材は電子書籍なのか?(※)

※私がは現在住んでいるマレーシアでは日本のようにオンラインで注文すると翌日に自宅に届く環境にはありません。

メールを送付した当日には日本語でご回答を頂きました。

梨大からのご回答

応募書類はパスポートコピー、在学または卒業証明書コピー(学位記の画像でも可)
登録金の支払方法は韓国の銀行口座へ入金
受講にあたり必要なオンライン環境はwifiがつながればOK
教材は追ってご連絡しますが、オンラインで購入が可能です

締切の10日前には疑問が解けたのは大変ありがたかったです。

今回、梨大言語教育院の事務局には大変お世話になりました。

私は対応が悪いと感じたことはありませんし、むしろ丁寧にご対応して頂いたと感じています。

オンライン留学の長所と短所

オンライン留学の長所と短所をあげてみます。

オンライン留学の長所

現地に行かずに自宅から参加できる
現地の生活費が必要なく、授業料のみなので安い
現地の生活に馴染めないなどの環境面の心配がない

実行力がある筆者いちこですらアラフォー既婚者の身で現地留学を実現させることは簡単ではありません。

社会人の方は子育てや介護などの事情で家庭を離れられない人が多いのではないでしょうか?

年齢が上がれば上がるほど、留学を阻む色々なしがらみが増えてくると実感しています。

具体的に留学を考えるまで気づかなかったのですが、留学費用の半分(もしくはそれ以上)は現地生活費なんですね。

住居費や食費などの生活費は意外とかかるものですし、現地での病気やけがに備えて医療保険への加入も必要です。

移動の必要なく、留学費用を削減できるのがオンライン留学のメリットです。

オンライン留学の短所

オンライン留学の短所も取り上げます。

現地の生活で学べることを体験できない
先生や同級生と対面コミュニケーションが取れない
オンライン環境の不具合などで授業が中断する可能性がある

留学では授業で学ぶだけではなく、現地での生活を通じて知り得た習慣や文化も学ぶことが大切です。

同様に先生や同級生と実際に会ってコミュニケーションを取れると、理解できるニュアンスがあります。

これらはオンラインではなかなか学ぶ機会がありませんね…。

やはり現地留学で得られる経験は多く、オンライン留学で経験できないのはもったいないですね。

個人的な意見ですが、特に学生の方は現地に留学をした方が見聞を広められるのでお勧めしたいと思います。

オンラン留学を個人的にどう捉えるか?

授業が始まったばかりなので、総括はできないのですが、、、

私がオンライン留学を検討した際に真っ先に頭に浮かんだことは「現地に行かずに自宅から参加できる」でした。

筆者いちこは現在無職ですが、子供はいないけど夫がいますので海外留学は難しいです。
無職になる前は会社員でしたので、現地留学は難しいです。

以前から韓国に留学してみたいというという考えはありましたが、会社員の時も無職の今も実現不可能な夢でした。

筆者いちこ
筆者いちこ
オンラインだからこそ、韓国語の留学ができました!

応募・申込で困ったこと

一方で筆者いちこが困ったことがありました。

①卒業証明書または学位記の手配

現在は海外在住で日本に住んでいない

日本にいない私は卒業証明書の取得が難しかったのです。
(そもそも母校はコロナで6月上旬まで立ち入り禁止。)

卒業証明書を手配するなら、、、
郵送で実家に到着するように手配し、画像かスキャンデータを送ってもらう必要がありました。

母校のサイトには各種書類の取得はコロナの影響で通常より日数を要しますと書いてありました…

10日で手配できるとは思えず、とても締切までに間に合いそうにありません…。

学位記は、、、
実家にあるのか日本の自宅にあるのかもうろ覚えです。

自宅にある場合は親に取りに行ってもらわなければなりません。

卒業証明書の取得に日数がかかる件については梨大に問い合わせをしました。
授業開講までに送付すればOKという猶予を頂けるご回答がありました。

余談ですが、特例措置を考慮して下さるところは韓国らしいですね。

筆者いちこ
筆者いちこ
筆者いちこはダメもとで学位記の在り処について母に連絡をしてみました…

ツイートの「某物」は学位記です。
実家の私の部屋にある本棚から簡単に見つかったそうです。

母は断捨離が大好きで、私が帰省時のパジャマに使っていたジャージはいつの間には捨てられました…。
だからなのか、その割になのか、学位記は取り出しやすいところに母が置いていたそうです。

②登録料の海外送金

もう一つの難題は登録料の支払です。

我が家はマレーシアの銀行口座を持っているので、マレーシアから韓国へ送金することにしました。

マレーシアから韓国への送金で心配したことがありました。

マレーシアから韓国へ米ドルで送る必要あり?(※)
両替手数料と送金手数料がかなりかかるのでは?
送金に日数もかかるのでは?

※マレーシア・リンギットと韓国ウォンはどちらも世界の主要通貨でないため、世界最強通貨の米ドル建てで送金する必要がある場合があります。
日本円は一般的には円のままで海外送金ができます。

ネットで検索してトランスファーワイズを利用することにしました。

トランスファーワイズのおかげで送金手数料が1700円程度になり、当日に送金することができました!

 

マレーシアではオンラインバンキングが24時間利用可能
海外送金はトランスファーワイズの利用がおすすめ
日本の銀行から海外送金をする場合、日数と手数料にご注意!

 

余談ですが、次回の日本滞在時には私が持っている日本の銀行口座で海外送金ができるようにしておきたいと思います。

受講環境の整備

オンラインで受講するためにはいくつか購入しました。
(夫がオンライン会議用に購入したものもあります)

準備してよかったなと思うオンライン受講の必需品をご紹介します。

オンライン受講の必需品

wifi環境
PCとタブレット(できれば両方)
ヘッドセットマイクまたはスピーカー
ノートPC台
Webカメラ

スマホでも受講できますが、やはりPCじゃないとパワーポイントの画面が見づらいなど支障があります。

単発の講座や会話中心で受講なら問題なくても、継続的や資料を使っての受講は厳しいです。

Webカメラは無くても良いけど、廉価なノートPCについているカメラはしょぼい場合もあります。

☆PCのZOOM経由で受講する
☆タブレットで電子書籍のテキストを読む
☆スマホのカカオトークでメッセージ受信

十分な受講環境を整備するにはガジェットが必須です。

継続的なオンライン受講をするためには授業料の他に各種費用が発生するのは仕方ないですね。

教科書は韓国の電子書籍アプリRIDIで指定のものを購入しました。

韓国のオンライン決済は海外のクレジットカードが使えないことが多いのですが、こちらは使えます!

(日本発行のクレジットカードはもちろん、マレーシア発行のクレジットカードも使えます!)

オンライン留学終了後の感想

===2020年9月1日追記===

8月27日に授業が終了しました。

授業についていくのは大変でしたが、中間試験と期末試験ともに合格点をクリアすることができました!

同級生も全員修了することができました。

現地留学だと、クラスの一人二人は脱落したり、不合格になる(原因は欠席が多いなど単なる勉強不足)人がいることもあるそうです。

筆者いちこ
筆者いちこ
宿題や小テストをきちんとこなし、予習復習をきちんと行えば大丈夫です!

オンラインだからこそ、貴重な機会にきちんと学ぼうという志の高い同級生が集まったのでしょう。

最後は先生も同級生も時には涙がこぼれるお別れとなりました。

現地留学なら、進級する人が多いだろうから、涙のお別れにはならないのかもしれませんが…。

画面越しで直接会うこともなく、多くの同級生が今回で一旦終了となるので、寂しさが募りました

詳細な感想については別途ご紹介したいと思います!

コロナとオンラインの関係

コロナのおかげでオンラインでできることが増えました。

コロナの影響はいつまで続くのかわかりませんが、オンライン環境はコロナ以後も拡充していくはずです。

筆者いちこ
筆者いちこ
特に留学はオンラインという選択肢が増えた!
コロナとオンライン留学

・コロナ禍でオンライン授業は意外とできる!ということに全世界の教育機関が気づいた!

・今後はオンライン留学がもっと身近な存在になるのと予測!

オンライン留学の近況

近況は別記事でご紹介予定ですが、少しだけご紹介すると、、、

オンライン留学は朝8時開始なので、起床時間は早くなりました。

最近は予習・復習・宿題が終わらず、さらに早起きになっています。

全然できなくて落ち込むばかりですが、毎日楽しく勉強しています!


いかがでしたか?
申込前はオンライン留学なんて大丈夫?できるの?と不安だらけでしたがなんとか申し込みをすることができました!

社会人(無職だけど)で韓国語留学を実現するなんて夢のような日々を楽しんでいます!

本日もお読みくださいましてありがとうございました。
以上、いちこでした~。

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓59回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。