国内グルメ

マレーシア・ペナン在住バクテーファンが話題の富士そばのバクテーそばを実食!

筆者いちこが日本へ一時帰国したら食べたいと思っていたメニューは…

富士そばのバクテーそば!
斬新なメニューが気になって仕方がなかったのです!

筆者いちこ(バクテー好き)
筆者いちこ(バクテー好き)
マレーシア・ペナンから一時国中の筆者いちこが念願かなって食べてきました!!

富士そばが紹介するバクテーそば関連

富士そばのサイトには、バクテーそば誕生秘話やバクテーのご紹介が掲載されています。
一部、引用させて頂きます!

富士そば>>

バクテーそば誕生秘話

バクテーそばはどうやって誕生したのでしょうか?

富士そば海外班さんはシンガポールで二日酔いになってしまった朝はローカルフードコートまで足を運び、二日酔い解消の為にシンガポール式肉骨茶を食べていました。

筆者いちこ
筆者いちこ
ペナンのバクテー屋さんは朝開いてないです。
また、中身的に二日酔い解消には向かないかも。

富士そばはシンガポールに店舗があるんですね。
(マレーシアには残念ながら、店舗がありません)

シンガポール式とマレー式

バクテーにはシンガポール式とマレー式があります。
富士そばのサイトでもご紹介されています。

シンガポール式 バクテー

肉の出汁が効いたスープは臭みは無く、シンプルに肉とにんにくの旨味とコショウのパンチが食欲を進めます。
長時間煮込んだ肉はとても柔らかく、箸でも削ぎとれる位です。
最大の特徴はビリっと感じるコショウです。
こってりした料理が多いシンガポールではあっさりした方の味で滋養強壮に効く人気メニューです。

ご担当者はシンガポールで何度も召し上がっているからか、詳細なご説明が書かれています。

【シンガポールでの基本的な食べ方】
調味料にはダークソイソースとチリ、チリペーストが主流です。
ライスと一緒に
基本的にはライス「ご飯」で食べます。
別々のお皿で「肉骨茶スープ」と「ご飯」が提供されます。
ご飯をスープに浸す食べ方、ご飯にスープをかける食べ方など人によって様々な食べ方があります。
お茶漬けの感覚が分かり易いイメージです。
揚げパンと一緒に
ご飯の代わりに「中国式の揚げパン」で食べる方も沢山見かけます。
中国式の揚げパンは朝ごはんの定番で根強い人気があります。
中華そうめんと一緒に
Mee Sua という素麺の様な中華麺で食べるお店もあります。
肉の無いスープにMee Suaが入った「かけそば」の様な状態で提供されます。
追加メニューやトッピングの感覚で注文をします。
シンガポール式はスープのお変わりが無料⁈
肉骨茶の専門店では追加のスープは無料がシンガポールの主流です。
※そうでないお店もあります。現地で食べる際はご確認をお願いします。

筆者いちこ
筆者いちこ
ご担当者のバクテーLOVEが感じられますね…♡

マレーシア式 バクテー

沢山の薬膳を使うのでスープは褐色でシンガポール式とは色が違います。
コショウはシンガポール式よりも少なく、薬膳の風味が強い味です。
薬膳好きには堪らない味です。

シンガポールバクテーの比べてマレーシアバクテーは説明が少ないですね…

代わりに筆者いちこがマレーシアバクテーについてご紹介したリンクを貼っておきます!

【大人気マレーシアグルメ】肉骨茶を薬膳的に解説!調理例付き! マレーシア・ペナンに来てハマったのが肉骨茶(バクテー)。 漢方的な香りがあって濃厚な味わいのスープがクセになります。 ※来春...

よろしかったら、お読みください。

実食:バクテーそば

2019年12月は全店舗でバクテーそばが提供されていたそうですが、、、
2020年1月は店長の判断で提供されているそうです。

どの店舗で提供されているか分かりませんでしたが、とりあえず新宿近辺の富士そばへ行ってみました!

新宿店にはありませんでしたが、三光町店にはありました!

店頭にはポスターも貼ってありました。

バクテーそばは590円でした。

食券販売機には当店おすすめメニューに入っていました。

オーダーをして、席に座ってみると、店内にもポスターが貼ってありました。

バクテーそばとは?

にんにくとコショウがバッチリ効いた豚スープ。
にんにくとコショウは日本の方には強すぎるくらいですがローカルテイストの再現の為に大胆な味付けにしました。
※八角(Star anise)は使用していません。
(富士そばサイトより)

筆者いちこ
筆者いちこ
シンガポールバクテーの素には大体八角が入っています。
本場の味に近づけたのに、なぜ入れなかったのかな?

バクテーそばを取りに行ってきました。

ほんのり白濁したスープには、おそば、豚肉スライス、ねぎ、フライドオニオンが入っていました。

まず、スープを飲んでみます。

メニュー説明の通り、胡椒がかなり効いていてかなり辛いです。
豚肉からの美味しい出汁が出ています。

フライドオニオンと胡椒のおかげで真冬でも身体がポカポカしてきました。

お蕎麦とスープの相性はとても良かったです。

醤油ベースの他の蕎麦より塩分が控えめに感じました

立ち食いそばチェーン店でこのような美味しいメニューが食べられて幸せでした!

筆者いちこの本音の感想

確かにバクテーそばは美味しかったです。

筆者いちこ
筆者いちこ
これのどこがバクテーなのでしょうか?

バクテーには角煮のようにぶ厚いお肉または骨付きのお肉がつきものです。
レバーなど他の部位も沢山入っています。

都内のシンガポール料理店またはマレー料理店で出てくるバクテーには必ず上記の部位が入っています。

豚肉スライスのみとはバクテーじゃない…

シンガポールバクテーはマレーシアバクテーほどではありませんが、各種スパイスが入っています。

バクテーそばのスープテイスティングを何度も試みましたが、、、
ニンニクと胡椒以外のスパイスを感じることはできませんでした。

最近シンガポールでバクテーを食べてないのですが、ニンニクと胡椒の味しかしないものですかね?
そんなことないと思うのですが。

どちらかというと、やや薄いラーメンスープに胡椒を足し、そばを入れたメニューという表現が近いと思います。

筆者いちこ
筆者いちこ
採算を考慮すると、豚の塊肉も八角も難しかったんだと思う…
バクテーそばまとめ

美味しいけど、バクテー風そばに名称変更をしてほしい

いちこレビュー(星5つが最高点)

名称は賛成できませんが、メニューとしては美味しいので気に入りました!
継続メニューになれば、多分また食べると思います。

 

いかがでしたか?
マレーシア・ペナン在住者のバクテーそばの率直な感想をご紹介しました。

皆様、ぜひ召し上がってみてください。

本日もお読みくださいましてありがとうございました。
以上、いちこでした~。

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓59回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。