語学学習

【韓国語学習】学習テキスト感想 前田式韓国語中級文法トレーニング

本日は筆者いちこが現在取り組んでいる韓国語学習教材をレビュー付きでご紹介します!

筆者いちこの韓国語学習スタイル
  • 会話や作文を中心に韓国人の先生と週1でレッスン中。
    東京滞在時はカフェレッスン。
    ペナン滞在時はLINEレッスン。
  • 文法や語彙は独学でテキストを解いています。
  • 2019年11月、ハングル検定3級合格。

カフェとLINEの両方のレッスンに柔軟に対応してしてくださる先生に感謝しております…!!

【ハングル検定3級】短期間で合格する勉強法 テキストはたった2冊!先日、東京でハングル能力検定3級を受験してきました。 自己採点の結果…合格! 久しぶりにハングル検定を受けてきました。 ...

前田式韓国語中級文法トレーニングのポイント

今回は「前田式韓国語中級文法トレーニング」をご紹介します。

この書籍のポイント
  • A5判239ページ 2,200円+税
  • カラー2色刷り
  • ①用言の活用②文末表現③発音変化を意識して構成
  • 付属CDには標準的なソウルの言葉を採用
  • 韓国語4技能「読む・書く・聞く・話す」がしっかり身に付くように構成

初版が2009年発行で、2019年には10刷と韓国語教材の中では売れている方だと言えます。

それでは、この書籍の長所をご紹介しますね!

前田式韓国語中級文法トレーニングの長所

①初中級の基礎固めには最適!

TOPIKⅠやハングル検定試験はマークシート4択式で記述がありません。
読めていても意外と書けないということはありませんか?
(実は筆者いちこが典型的なパターンです)

入学式や卒業式、日本人の友達を案内するなどの身近なトピックで飽きずに取り組むことができます。

文法や語彙がきちんと網羅されています。
「分かっているつもりなのに抜けていた」点を確認するのに最適な教材です。

類似レベルとしては「できる韓国語初級Ⅱ」かと思います。

②見やすい構成でやる気が出る

二色刷りではあるのですが、イラストが満載で見やすい構成です。
見やすい構成の教材は取り組みやすいですよね。

韓国語教材には明朝系のそっけないフォントで文字の羅列ばかりというものが多いのです。

一部のレビューにはサイズが大きすぎて(多分A5サイズ)持ち運びにくいという記載がありました。
韓国語の教材はA4サイズのものが多いので、十分コンパクトなサイズかと思います。

私の場合は、1章をこなす所要時間が約1時間です。
音読を除けば40分程度でこなせます。
すき間時間の利用に最適かと思います。

③音読が力になる

前田先生は音読を推奨されています。

話せない単語は発音ができないですし、音読を繰り返すと文章が頭に入ってくるものです。

最近のいちこは音読をあまりやっていなかったのですが、、、
このテキストより音読を再開しました!

韓国語って日本語とは違う筋肉を使って話すように思います。
また、腹式呼吸での発声も必要です。

韓国語を話す機会を増やすと口の周りの筋肉が鍛えられてほうれい線が薄くなるのでは…?と期待しています!
(強がりを申しますと、いちこはほうれい線が薄い方だと自負しております)

前田式韓国語中級文法トレーニングの短所

長所の次には短所も挙げたいと思います。

①中級レベルには易し過ぎでは…?

中級とタイトルに入っていますが、中級の方には易し過ぎるのではないでしょうか?

韓国語中級レベルと言われるハングル検定3級またはTOPIK3級合格者には簡単すぎる内容かもしれません。

TOPIK2級対策またはTOPIK2級合格後の基礎固め向けなテキストです。

②中級向けの文体ではない

このテキストには해요体と합니다体が良く出てきます。

해요体と합니다体は初級でも登場する口語文体です。
中級では있다や한다などの文語文体での学習になります。

会話メインの韓国語学習者では初級を卒業すると文語文体に違和感を持つ人が多いのではないでしょうか?
(筆者いちこがまさに文語文体アレルギーでした)

不規則活用の動詞習得が主目的なのかもしれませんが、、、
やっぱり中級者向けの教材ではない気がします。

③文章が日本語的な表現

文法と語彙から文章を作成しているからか、日本語的な表現が多いように感じます。
この書籍の表現を使ってTOPIKⅡの쓰기などの韓国語作文を書いたら減点されそうな気がします。

④内容が古く、そろそろ改訂版が必要

初版が2009年発行です。
10年前で内容が古いんですよね…

例えばですが。
「韓国語ジャーナル購読がおすすめ!」とあるのですが、2013年に休刊しています。
※2019年12月に記念号が久しぶりに発行予定となっています。

「ソウルから慶州へは汽車で4時間かかります」とありますが、最近ではKTX利用が主流なのでは?
※新慶州駅は2010年開業。

他にも2019年には時代遅れかな…?という内容が散見されます。
10刷をする人気のある教材なのですから、改訂版発行がそろそろ必要かと思います。

まとめ:いちこの教材レビュー

メリットとデメリットより教材レビューを発表します。

いちこレビュー(星5つが最高点)

できる韓国語初級Ⅱ終了後におさらいとして取り組むとよさそうです。

内容は良いので、しっかりと力をつけることができると思います。

中級の方はタイトルに騙されて買わない方が良いです。
お金と時間の無駄かと思います。

おまけ:著者はミレ韓国語教室主催

著者である前田真彦先生は大阪と東京でミレ韓国語教室を主宰されています。

 オンライン公式ページ 

(公式サイトが403で落ちてしまっていますが、何かありましたか…?)

授業内容がしっかりしており、予習復習が必須なようでしっかりと力が付くようです。

「前田式韓国語中級トレーニング」が10刷と発行部数が多い理由はミレ韓国語教室で推奨されているからだと思います。

筆者いちこの会社員時代は多忙な仕事につき、毎週決まった日時の講座を受けることが不可能でしたので教室に通うことは不可能でした。
(東京とペナンのDUAL生活を送る現在はさらに教室に通うことは不可能です)

教室に通えない人向けに通信添削や動画講座の種類が揃っています。
特に「スマ韓」は毎朝動画が配信され、スマホで韓国語講座を視聴できるのはとても便利ですよね。

おすすめなのが無料メルマガの登録です。
毎朝配信してくださるので、韓国語学習のモチベーション維持につながります!

大変熱心な教室ゆえにTOPIKの試験会場でチラシ配布要員を生徒さんから募集されています。
チラシ配布も受け取りももちろん義務ではないのですが、、、(以下略)

いかがでしたか?
この「いちこLOG」が韓国語学習テキストを効率よく選ぶお手伝いができましたら幸いです!

本日もお読みくださいましてありがとうございました。
以上、いちこでした~。

 

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓58回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。