マレーシア

【絶対行きたい】クアラルンプール旅行ではブルーモスクがイチオシ!

2019年9月の東京一時帰国時に経由地であるクアラルンプールへ寄り道をしました!

2018年5月に初めて夫の駐在先であるペナンへ行ってからマレーシアへは6回入国。
なのに一度もクアラルンプール(以下、KL)へ行ったことがありませんでした。
ランカウイ島へは2回も行っているのに…

駐在妻になる前はペナン訪問も3泊4日などの日程が主でほとんど時間がなかったのです。

もう一つの理由がHaze(ヘイズ)

【マレーシア ペナン生活】喘息持ちはHaze(ヘイズ・大気汚染物質)にご注意!マレーシア・ペナンで生活をはじめ、1か月が経過しました。 日本よりも広々とした自宅で快適に過ごしています♪ ペナン生活前には想定...

KLはペナンよりも空気が汚いのです。
喘息持ちにはつらい街です。

9月の一時帰国はKL月曜発のフライトを予約していました。
たまたま三連休で夫も休みでしたので、二人でKLへ行ってみることにしました!
(重たいスーツケースも運んでもらってラッキー!!)

KLで行きたかったところがブルーモスク。

ペナンには大きなモスクはありません。

筆者いちこ
筆者いちこ
マレーシアに来たら、モスクは見学したいですよね!

ブルーモスクとは?

クアラルンプール近郊のブルーモスクの正式名称はMasjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shahと言います。
ブルーモスクだけで検索すると、イスタンブールにあるものがヒットしますのでご注意を。

マレーシア・スランゴール州の州都シャーアラムにあるモスク。青色をしていることから、通称、ブルーモスクと呼ばれている。マレーシア最大のモスクであり、東南アジアにおいても、インドネシアのジャカルタにあるイスティクラル・モスクの次いで2番目の規模である。(Wikipediaより引用)

1982年に開設されたと当日説明を受けました。
(意外と新しいですね)

見学は無料です。

白とブルーのコントラストが大変美しいモスクです。

ブルーモスクへのアクセス

ブルーモスクはクアラルンプール市内ではなく、郊外にあります。

マレーシアマガジンではアクセス方法はこんな感じで紹介されています。

KLからタクシーで40分程度
クアラルンプール国際空港からタクシーで45分程度
KTMコミューターシャーアラム駅下車〜タクシー
プトラLRTパーサー・スニ駅下車〜駅前Klangバスターミナルからバス

掲載時期がちょっと古いと思われます。
2019年のおすすめの行き方は、、、

筆者いちこ
筆者いちこ
Grabがおすすめ!
複数なら割り勘すれば高くはないです!

Grabは30RM(2019年9月14日現在約780円)程度です。
複数で割り勘すれば全然高くはありません。

KL中心地からバスで行く方法もありますが、1時間以上かかります。
ここは時間短縮でさくっとGrabで行っちゃいましょう。

ブルーのヒジャブとスモッグでコスプレ

筆者いちこ
筆者いちこ
ブルーモスク最大の特徴はブルーのヒジャブとスモッグ着用だと思う!

建物も大変美しく素晴らしいです!

ですが、、、

日本人女性に人気の秘訣は
ヒジャブとスモッグの着用と断言できます。

(私いちこは着用が憧れでした!)

アイスブルーのヒジャブは美肌フィルター以上の美肌効果があります!
ブルーモスクで是非着用をおすすめいたします。

ちなみに、ヒジャブとスモッグを着用するとものすごく暑いです!
薄着で行くことをおすすめします~。

男性はヒジャブはありませんが、女性と同じ色のスモッグを貸してもらえます。

肌露出が少ないとコスプレできない?

いちこ夫
いちこ夫
僕はスモッグを貸してもらえなかった…(泣)

貸出しスタッフの女性のもとへ夫が向かったところ、「着なくてOK」と言われてしまったのです。

私達と同時に見学した方は20人ほどいらしたのですが、スモッグを着用しなかったのは夫のみ…

正確な理由は分からなかったのですが、、、
当日の夫の服装は襟付きポロシャツと足首まで隠れるチノパンでした。
肌の露出が少ないのでそのままの見学がOKだったようです。

いちこが感じたスモッグ着用の基準はこんな感じ。

  • 足首が出ているパンツやスカート
  • 袖がないまたは半そでで襟無しのトップス

本末転倒ではありますが、ヒジャブとスモッグを着るためにはそこそこ肌露出がある服装をおすすめします。

見学方法のご紹介!

  1. メインエントランスに到着すると、靴を脱いで棚に入れます。
    ※内部見学は裸足で行いますので男女ともにサンダルだと楽ちんです。
  2. 芳名帳に名前や国、同行人数を記入します。
  3. 大きな手荷物はロッカーに入れます。
    鍵はありませんので自己判断で。
    (いちこは全部持って見学しました)
  4. 必要に応じてヒジャブとスモッグを着用します。
  5. エントランス付近で数人集まるとボランティアガイドさんによるツアーが始まります。

私達の時は、約20人の半分が日本人、他はタイ、中国、台湾、香港の方でした。

英語での説明を聞きながら館内を見学します。
(途中日本語でも解説をしてくれました)

モスクの歴史やイスラム教について分かりやすく説明して頂きました。

撮影NGや立ち入り禁止の箇所もあります。
ガイドさんの指示に従いましょう。

所要時間は1時間くらいかな?
比較的長かったように思います。

写真を沢山撮りながら見学をするのがおススメです!

実は重要な見学のポイント

ブルーモスク見学の重要なポイントをご紹介します!

見学時間と休館日を確認すること!

見学スケジュールはこんな感じ。
月ー木10:00-12:00 14:00-16:00
土日祝10:00-12:00 14:00-16:00 17:00-18:30
※金曜日は礼拝のため見学不可

金曜日はイスラム教の休日でして礼拝をおこなう日です。
見学できませんので、ご注意ください。

お昼休みが2時間ありますのでご注意ください。
万が一、休憩時間だったとしても周辺には他の観光地はありません。
食堂も近くにはありませんのでご注意ください。

実は、いちこ達がブルーモスクについたのは11時半…
ギリギリ滑り込みました。
Grabで行ったのはそういう理由だったりします。

天気予報もチェックしていこう

いちこ達が行った日は午後3時過ぎからスコールとなりました。
暑い国ですので夕方はスコールになりがちです。
晴天時に見学した方が良いので、天気予報をチェックがおすすめです。

いかがでしたか?
クアラルンプール観光ではブルーモスクは絶対に訪れたい観光スポットです。
ぜひ、足を運んでみてください!

本日もお読みくださいましてありがとうございました。
以上、いちこでした~。

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓58回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。