ソウル

韓国の軽食チェーン店キンパ天国はお手軽で便利!どんどん活用しよう!

旅行をしていると予定が押してしまってご飯を食べる時間が無いことがありませんか?
お腹が空いていないときは良いのですが、ペコペコなときは困りますよね。。。
韓国旅行でもご飯にありつけない・・・なんてことがよくあります(笑)

そんな時はチェーン店のキンパ屋さんを利用するが便利です。
今回はキンパ天国をご紹介します。

キンパ天国とは?

お店を探している時間も無いときに便利なのが、「キンパ天国」です。
街中のあちこちにあり、24時間営業な店舗が多いのも特徴です。

メニューの中心は店舗名にもあるキンパ(韓国風のり巻き)です。
店内で巻いてくれるので出来立てを食べることができます。
キンパは店内のテーブルに座って食べられますし、テイクアウトをすることもできます。

テイクアウトすると、バスや電車の移動中に食べたり、ホテルの部屋でTVを見ながら食べることもできますね。

テイクアウトするときは韓国語では「ポジャン ハゴ シップンデヨ」または「ポジャン」、
英語なら「テイクアウェイ」と言ってくださいね。
(Take Outは和製英語です)
スタッフさんの平均年齢が高いので、英語はあまり通じません。

ここで、いちこのテイクアウト事例をご紹介します。

ソウル・江南高速ターミナル店でテイクアウト

2018年11月にソウルから南原へ高速バスで移動した際にキンパ天国を利用しました。

ソウルから地方へバスを利用する際、高速ターミナルを利用する方が多いかと思います。
地下鉄高速ターミナル駅に隣接されたバスターミナルは本当に便利ですよね。

高速ターミナル駅はいちこが大好きなGOTOMALLやダイソー等お買い物天国。
バス旅行前後にショッピングを楽しめますね。
(この日も買い物に熱中し、ランチを食べる時間が無くなってしまい、キンパをテイクアウトすることにしました)

余談ですが、地元では江南ターミナルと呼ばれているようで、高速ターミナルと言っても通じない場合があります。

高速ターミナルは行き先によって大きく2つのターミナルに分かれます。
慶尚道方面の京釜線と全羅道方面の湖南線(セントラルシティ)です。
キンパ専門店は京釜線にはあるんですが、湖南線(セントラルシティ)には無いんですよね。
(セントラルシティにある食堂でキンパメニューがあるところもあります)
湖南線利用時にキンパを食べたい時はセントラルシティ手前にあるキンパ天国をオススメします。
写真左側にはテイクアウト専門の窓口がありました。
20181109_114324
店内には日本語メニューがありそうですが、テイクアウトの場合はハングルのみです。
20181109_114228
ソコギキンパ5000ウォンをオーダーしました。
キンパ天国って4000ウォン程度だったように思うのですが、値上がりしてるんですね。
海苔巻きで500円か…と考えてしまいました。
(新大久保の韓国広場では同程度の値段で購入できます)
バスの座席で頂きます♪
20181109_121204
食べやすくカットしてありました。
20181109_121258
具沢山でお腹いっぱいになりました!
キンパはごはんに砂糖と胡麻油を混ぜ込みますので意外とカロリーが高いのでご注意を。
セントラルシティは現代百貨店が併設されているので、オシャレな雰囲気。
20181109_115330
パミエストリートはインスタ映えスポットでおススメです。

キンパ天国にはキンパ以外のメニューもある

キンパ天国はキンパが中心ですが、スープやラーメン、チャーハンなど他のメニューもあります。

以前利用したときは寒かったので、マンドゥック(餃子スープ)を頂きました。

お醤油ベースのスープにごろごろと大きな餃子が入っています。
ちょっととろみが付いた(様な気がする)スープは本当に温まりました~。

以上、いちこでした~。

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓58回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。