雑記

KPOPアイドルの不祥事で芸能事務所の株価下落!韓国経済に与える影響を解説します!

本日は韓国芸能界をめぐるスキャンダルが韓国経済に及ぼす影響を解説します!

芸能スキャンダルがなぜ株とか経済とかの難しい話に繋がるのでしょうか?
K-POPや韓流ドラマ好きは理解しておいた方が良い内容です。
そこで、いちこが解説させて頂きますね♪

騒動きっかけはBIGBANGのV.I(スンリ)

BIGBANGの元メンバーV.Iの疑惑から発生した韓国芸能界の騒動。
V.Iが所属事務所していたYGエンターテイメントとFTISLANDの元メンバーチェ・ジョンフンが所属していたFNCエンターテインメイントの株価が大幅に下がったそうです。
たった数日で10%も下落してしまいました。

 

YGエンターテインメントやFNCエンターテインメイントなど上場している主な芸能事務所5社の株式の時価総額は先月26日から今月15日まで、17.52%にあたる5870億ウォンが消えたということです。投資家の被害も大きくなり、YGエンターテインメントとSMエンターテインメントの株式をそれぞれ6%と8%保有する国民年金は、この期間に332億ウォンが消えました。(KBSニュースより)

 

約6000億ウォンって最近の為替レートで換算すると約600億円です!
たった18日間でものすごい金額が動いたことになります。

韓国の大手芸能事務所は上場している

韓国の大手芸能事務所は上場しているところが多いんです。

上場することで株式市場から資金調達が出来るのでより大きな事業を展開することが出来ます。

例えば、
新人発掘オーディションをしかけたり、
練習生教育に投資したり、
アーティストの海外進出を後押ししたり、
なんてことがやりやすくなります。

韓国の芸能事務所の時価総額を書きますと…
JYP 1兆909億ウォン(約1909億円)
SM 1兆785億ウォン(約1785億円)
2018年8月末の朝鮮日報の記事より⇒

日本の芸能事務所で上場しているのはアミューズぐらいなんですよね。
かつてホリプロも上場していましたが、上場廃止の道を選びました。

ちなみに、最近のアミューズの時価総額が約455億円です。

記事より韓国芸能事務所5社の時価総額が3兆3236億ウォン(約3324億円)となります。とてつもない金額です。
韓国の芸能事務所の時価総額がいかに大きいかということがわかるかと思います。

調べてみたところ、日本で約3300億円の市場規模は東阪名三大首都圏の一ヶ月の外食産業とほぼ同じでした。
(2017年9月 グルメ総研調べ)
韓国芸能界が儲かっているのがよく分かります。

 

韓国芸能界は韓国経済への影響力が大きい

記事によると国民年金が芸能事務所株を持っていたというのも驚きでした。
年金とはざっくり説明すると大型ファンド(株に投資して運用する)なので、儲かりそうな株を保有しているのは当たり前と言えます。
このように、今回のスンリ達のスキャンダルが韓国経済全体的に影響を及ぼしてしまったのです。
麻薬や女性騒動も良くないのですが、V.Iの件とT.O.Pの大麻やユチョンの女性騒動とは経済に与える影響の大きさが全く異なります。
実業家でもあるV.Iが責任を感じるのもよく分かります。

 

韓国経済は他国(日本や米国、中国)に比べると良くはありません。
むしろ悪いと言えます。

従来韓国経済を引っ張ってきた半導体や自動車、造船業界が競争力の低下で、以前ほどのパワーはありません。

今後はドラマやライブなどの芸能を含むコンテンツ産業が韓国経済を引っ張る存在になるといちこは思っています。

今回の騒動はいつ終結するのでしょうか?

まだまだ時間がかかりそうな気がしますが、見守って行きたいと思います。

以上、いちこでした〜。

 

ABOUT ME
iticooo
横浜育ち、東京・マレーシア ペナンでのDUAL生活。元フルタイム会社員で現在は駐在妻。訪韓58回、訪台8回など海外旅行回数は100回を超える。都内を中心とした食べ歩き、国内旅行、登山を愛する。左利き。